敏感肌には、泡立てる手間があっても洗顔石鹸が適している

敏感肌のスキンケアではまず正しい洗顔料を選ぶことが重要です。この段階で不適切なものを選んでしまうとスキンケア全般に大きな影響が生じます。

余分な皮脂は落とすが必要分は残す、適度な洗浄力のものを

敏感肌基礎化粧品

上手な洗顔料の選び方の基本は「余分な皮脂をしっかり落とすこと、しかし必要な分は残せること」です。この点がうまくできていないばかりに肌環境を悪化させてしまったり、場合によっては敏感肌そのものの原因を作ってしまっているケースもあります。皮脂はもともと皮膚表面で皮脂膜を作り、水分の蒸発や外部からの刺激から守る役割を担っています。しかし清潔意識が過剰気味の現代社会ではどうしても皮脂は汚れという意識が強く、本来皮脂膜の形成に必要なはずの皮脂までも除去することでバリア機能を低下させてしまうことが多いのです。

 

かといってバリア機能が低下した敏感肌の状況で汚れをしっかり落とさないと雑菌の繁殖を許しやすく、炎症の原因を作ってしまいます。この「取る部分はしっかり取る、しかし残す部分はしっかり残す」というのが非常に難しいのです。

泡立ちがよく擦らずに洗える洗顔料がおすすめ

敏感肌基礎化粧品

ポイントは適度な洗浄力と洗いやすさ。洗顔料の中には洗浄力を重視してかなり強い洗浄成分を使用しているものもあります。洗いあがりに爽快感がある一方、肌から水分が失われて突っ張ってしまうことも多いのです。また洗いにくく泡立ちがよくないと何度も肌を擦らなければならずその刺激が大きな負担になってしまいます。泡立ちがよく、適度な洗浄力で肌に負担をかけない。これが敏感肌が上手に洗顔料を選んでいくうえでの大前提となるのです。

 

オススメのは洗顔石鹸。手軽に洗える洗顔フォームが人気ですが、敏感肌の方には手間がかかっても洗顔石鹸で洗うことをオススメします。しっかり泡立てれば指で肌を擦ることなく泡の力で落としていくことができますし、天然の洗浄成分が使用されている製品なら適度な洗浄力で必要な皮脂を残したまま余分な分だけを落としていくことができます。

 

あとは石油系の合成界面活性剤など添加物が使用されていないこと。これらを踏まえておけば肌をいたわりながら洗うことができる洗顔料と出会えるはずです。

関連ページ

洗顔料の種類
洗顔料にはどのような種類があるのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
うるおい成分入り洗顔料
敏感肌にはうるおい成分入り洗顔料が合っているのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
ダブル洗顔
敏感肌には1回の洗顔でメイクも汚れも落とせるほうがいいのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
スクラブ洗顔料
スクラブ洗顔料は敏感肌には向いていないのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。