洗浄力が強いものは、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまう

洗顔料という名称で売られている製品にはさまざまな種類があります。どれも顔を洗うために使用するわけですが、その種類・内容には驚くほどバリエーションがあります。そのため刺激に敏感になっている敏感肌の方はできるだけ肌に負担をかけずに使用できるものを選んでいく必要があります。

フォームタイプは必要な量を調整しやすい

敏感肌基礎化粧品

現在もっとも広く普及しているのがフォームタイプ。チューブ状の入れ物に入れられたもので、適量を手にとって泡立てたうえで使用する形になります。そのため自分に必要な容量を調節しやすいなど使い勝手の良さが大きなメリットとなっています。ただ、清潔意識が強いニーズに応える形で洗浄力が強すぎる製品も多く、肌との相性が選ぶ上での重要なポイントです。また安価で購入できる分化学成分や添加物が使用されていることが多い点も注意したいところです。

 

近年人気を高めているのが泡タイプ。ポンプから泡の形で出てくるもので、泡立てる必要がなくすぐに使用できるのが大きな魅力です。使い勝手のよさではこれが一番でしょう。洗顔の際にはよく泡立てないと指で肌を擦る際の刺激がトラブルの原因となってしまいますから、その点このタイプは肌に負担をかけずに使用できるともいえます。ただし、泡立ちをよくするために添加物を配合しているものも多く、製品そのものの刺激に注意しなければなりません。

昔ながらの石鹸タイプも、色々な研究を経て作られているものが増えている

敏感肌基礎化粧品

それから昔ながらの石鹸タイプ。石鹸をよく泡立てたうえで洗顔するものです。昔ながらといっても現在では洗顔に適した成分や泡立ちなどを研究したうえで作られたものが多く、じつはこれが敏感肌の洗顔料としてもっとも適しているといいます。泡立ちがよいうえに粒子が細かいため、擦る必要もなく毛穴に入り込んで汚れをかきだしてくれること、洗浄力が強すぎないので必要な皮脂をしっかり残せることなどがその理由です。また現在出回っている洗顔石鹸は添加物を極力使用せず、天然由来の成分だけで作られていることが多いのも魅力です。

 

他にもジェルタイプ、ピーリングタイプといった種類もありますが、敏感肌の方にはあまり適したタイプとはいえません。気になる洗顔料を見つけた場合にはその種類と特徴、敏感肌との相性をよくチェックしてみましょう。

関連ページ

洗顔料の選び方
敏感肌の上手な洗顔料の選び方とは? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
うるおい成分入り洗顔料
敏感肌にはうるおい成分入り洗顔料が合っているのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
ダブル洗顔
敏感肌には1回の洗顔でメイクも汚れも落とせるほうがいいのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
スクラブ洗顔料
スクラブ洗顔料は敏感肌には向いていないのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。