肌の汚れを落としつつ、うるおい成分を補うのは難しい

敏感肌の方にとって保湿対策はスキンケアにおける最大のポイントともいえるものです。セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分を補うことによって肌の内部で水分を保持する力が低下しているのを改善し、敏感肌の直接の原因であるバリア機能の低下の解消を目指す。そのためスキンケアの過程でいかにうまくうるおい成分を補充できるかが鍵となるのです。

保湿対策の需要により、うるおい成分入りの洗顔料が増えた

敏感肌基礎化粧品

敏感肌における保湿対策の重要性の高まりもあり、うるおい成分が配合された洗顔料も数多く発売されるようになっています。これまでうるおい成分といえば化粧水、美容液、乳液などで補うのが一般的でしたが、洗顔の段階でも補うことでより高い保湿効果が得られるというわけです。

 

そのため敏感肌にはこうしたうるおい成分が入っている洗顔料が向いているイメージもあります。ただここには注意点がいくつかあります。洗顔料の目的はあくまでも余分な汚れを落とす点にあることです。汚れをしっかり落としながらうるおい成分を肌に補充する…正反対ともいえる役割を同時にこなすことがいかに難しいかは容易にイメージできるのではないでしょうか。実際のところ、化粧水や美容液、乳液でうるおい成分を補うよりも効果はずっと弱くなります。

中途半端な効果なら、他のスキンケア製品できちんと補う方がいい

敏感肌基礎化粧品

乾燥がひどい状態だからこそ、保湿対策が必要だからこそ、うるおい成分が入った洗顔料は適さない面があるのです。中途半端に補うくらいなら他のスキンケア製品で重点的に補った方がずっと効果的でからです。保湿成分が含まれた洗顔料はその分価格が高くなりますから、コスト的にもデメリットがあります。

 

もちろん、敏感肌の方はうるおい成分が入っている洗顔料は使用するべきではない、というわけではありません。乾燥がひどい方は美容液や乳液での保湿対策を補う手段として活用することもできるでしょう。ただ基本的には洗顔料には本来の汚れを落とすこと、必要な皮脂を除去せずにバリア機能を維持することを重視して選ぶべきです。保湿成分を補うよりも敏感肌の原因となっている皮脂の落としすぎによるバリア機能の低下を防ぐことが最優先です。

関連ページ

洗顔料の選び方
敏感肌の上手な洗顔料の選び方とは? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
洗顔料の種類
洗顔料にはどのような種類があるのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
ダブル洗顔
敏感肌には1回の洗顔でメイクも汚れも落とせるほうがいいのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
スクラブ洗顔料
スクラブ洗顔料は敏感肌には向いていないのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。