洗顔料1つで、メイクも汚れも落とせるような化粧を心がける

敏感肌の洗顔ではいかに肌に負担をかけずに汚れを落とすことができるかが重要なテーマとなることもあってダブル洗顔は行わないほうがよい、というのが一般的な意見です。ただでさえ洗顔で肌に刺激を与えてしまうのに2回も繰り返してしまえばますます負担が大きくなってしまうというわけです。しかも通常クレンジング剤は洗顔料よりも肌への負担が大きいためなおのことです。

ダブル洗顔不要だと、1回でメイクも汚れも落とせる

敏感肌基礎化粧品

そんなダブル洗顔がもたらす肌への負担を考慮し、クレンジングの効果を兼ねた洗顔料も発売されるようになっています。ダブル洗顔不要で1回洗うだけで汚れはもちろん、メイクなどもしっかり落とすことができるというわけです。

 

こうした点からダブル洗顔不要の洗顔料の方が肌に優しい印象もあります。確かにその通りなのですが、ダブル洗顔不要の製品なら何でもよいというわけではありません。またスキンケア環境、メイク環境とのバランスも考慮したうえで適切な製品を選んでいくことも重要です。

元々の働きがクレンジング剤なのか洗顔料なのかで2つのタイプに分かれる

敏感肌基礎化粧品

まずダブル洗顔不要のタイプには大きく分けて2つのタイプがあることを覚えておきましょう。ひとつめはクレンジング機能を備えた洗顔料。メイクに含まれている油分を除去するために高い洗浄力を備えているのが大きな特徴です。もうひとつは洗顔料としての効果を備えたクレンジング剤。こちらはメイクを落とす効果を前提としながら古くなった角質や皮脂を落とすことができる機能を備えています。油分が多く含まれているのが大きな特徴です。

 

どちらがよいのかは使い心地や肌との相性を考慮したうえでひとりひとり選んでいくことになりますが、一般的な傾向としてしっかり落としたいならクレンジング機能が備わった洗顔料、肌になるべく負担をかけたくないなら洗顔できるクレンジング剤が適しているといわれています。

 

それからメイク環境とのバランス。ダブル洗顔不要タイプはダブル洗顔を行うよりもメイクを通す機能がどうしても劣りますから、濃いメイクは避けて落としやすい環境を心がけることも大事です。ダブル洗顔のメリットを最大限に得られるメイク環境も心がけたうえで製品選びを行っていきましょう。

関連ページ

洗顔料の選び方
敏感肌の上手な洗顔料の選び方とは? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
洗顔料の種類
洗顔料にはどのような種類があるのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
うるおい成分入り洗顔料
敏感肌にはうるおい成分入り洗顔料が合っているのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
スクラブ洗顔料
スクラブ洗顔料は敏感肌には向いていないのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。