添加物には品質維持のために必要なものもあるが、大半は化粧品の効果と無関係

 

敏感肌の方はスキンケア製品の選択を誤るとそれが原因で乾燥状態が加速してしまう恐れもあります。よかれと思って一生懸命行っているケアがかえって逆効果をもたらしてしまうこともあるわけです。それを防ぐためにはできるだけ肌に優しく、余計な負担をかけない製品を選んでいくことが大前提となります。

化粧品の製造過程で様々な添加物が配合される

敏感肌基礎化粧品

余計な負担をかけて敏感肌を加速させてしまう原因として注意しておきたいのが化粧品の添加物です。化粧品にはたいてい、製品化する過程でさまざまな添加物が配合されています。敏感肌はできるだけこうした添加物は避けたほうがよいといわれますが、まったく添加物が使用されていない化粧品は稀です。製品選びの際にはできるだけ肌に負担をかける添加物が使用されているものを避けつつ、使用量そのものが少ないものを選んでいくことになります。

 

敏感肌を加速させる添加物の筆頭として挙げられるのが合成界面活性剤です。安価で大量生産できることで広く化粧品に使用されているもので、中でも石油系の合成界面活性剤は肌はもちろん、環境にも悪影響を及ぼすといわれています。敏感肌向けの化粧品に使用されるケースは少ないですが、安価な製品では含まれていることもあるので気をつけましょう。

見栄えや香りを良くするために配合されているものもある

敏感肌基礎化粧品

それから合成香料、合成着色料。製品の見栄えや香りをよくするために本来スキンケアには必要ない成分・物質を配合してある製品もあります。敏感肌のスキンケアでは極力シンプルな内容にするのも大事なポイントですが、これらの合成香料・合成着色料が無害なものであっても避けるのが鉄則です。

 

判断が難しいのが防腐剤です。これは配合されている成分のバランスや製品の品質を維持するために使用される添加物で、製品によってはどうしても必要なケースも出てくるからです。実際に使ってみて効果と刺激のバランスを考慮したうえで判断するとよいでしょう。なお、防腐剤といえばパラベンが代表格ですが、他にも防腐剤として使用される物質もいくつかあります。そのため「パラベンフリー」と書かれているからといって必ずしも防腐剤が使用されていないとは限らないことも知っておきましょう。

関連ページ

化粧水の選び方
敏感肌が化粧水を選ぶ時に気を付けたいこととは? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
しっとりタイプの化粧水
敏感肌にはしっとりタイプの化粧水の方が向いているのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
ヒアルロン酸
敏感肌が化粧水を選ぶ時に注目したいヒアルロン酸とはどのようなものでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
酵母
敏感肌が化粧水を選ぶ時に注目したい酵母とはどのようなものでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。