しっとりタイプと普通のタイプの違いはオイルの配合量

敏感肌の方は化粧水で保湿対策を行っていくことが重要なポイントです。そのためしっとりタイプの方がよいというイメージもありますが実際のところはどうなのでしょうか。

しっとりタイプは乾燥状態を改善する効果に優れている

敏感肌基礎化粧品

しっとりタイプの化粧水の特徴は使い心地がよいこと、そして保湿力に優れており乾燥状態を改善する効果に優れている点が魅力です。その意味では確かにしっとりタイプの方が敏感肌の改善には適しているといえます。ただ使用する化粧水を選んでいく際にはいくつかのポイントを踏まえておきましょう。

 

まずなぜしっとりするのか。化粧水はその用量のじつに8〜9割を水分で占めています。残りの1〜2割に有効成分などを配合してスキンケア製品としての効果を備えている形になるわけです、しっとりタイプの場合は本来水分が圧倒的に多いこの製品にオイル分を配合しているものが多くなります。ですから乾燥がひどい場合、あるいは洗顔後にはいつも肌がカサカサで突っ張った状態になってしまっている方はオイル分がやや多めの製品がオススメです。

敏感肌は肌が硬くなってしまっている場合も多い

敏感肌基礎化粧品

それから肌を柔らかくする効果も備えているかどうか。敏感肌の方は乾燥やターンオーバーの乱れによって肌が固くなってしまっています。そのためスキンケア製品に含まれている美容成分が角質層の奥にまで浸透しにくくせっかくの成分が浸透しにくいという問題も抱えています。化粧水の段階で肌を柔らかくさせておけばその後の美容液、乳液の効果を高めることができるというわけです。しっとりタイプの化粧水にはこの肌を柔らかくする効果に優れているものが多く、製品選びの際には意識しておきたいポイントです。ただ、そのために配合した乳化剤が肌に刺激をもたらすこともあるため、できるだけ刺激の少ない乳化剤を使用した製品を選ぶのも忘れないようにしましょう。

 

このように、しっとりタイプの化粧水をうまく活用すれば敏感肌の対策に役立ちます。ただし、あまりしっとりしすぎる化粧水を使用するとその後の美容液、乳液を使用する際にベタついてしまう恐れもありますから、スキンケア全体も考慮したうえで選択することも必要です。

関連ページ

化粧水の選び方
敏感肌が化粧水を選ぶ時に気を付けたいこととは? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
ヒアルロン酸
敏感肌が化粧水を選ぶ時に注目したいヒアルロン酸とはどのようなものでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
酵母
敏感肌が化粧水を選ぶ時に注目したい酵母とはどのようなものでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
化粧水の添加物
敏感肌が化粧水を選ぶ時に気を付けたい添加物にはどのようなものがあるでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。