乾燥とバリア機能の低下を改善効果が見込める美容液を使う

美容液はスキンケアの要といえるものですから、敏感肌対策の美容液選びでは保湿効果を最優先に考えていくことが大事です。敏感肌の根本の原因である乾燥とバリア機能の低下をいかにうまく改善していくことができるか。この目的に相応しい美容液を選べるかどうかでスキンケア全体の成否が決まるといっても過言ではありません。

美容液ではセラミドをいかにうまく補えるかがポイント

敏感肌基礎化粧品

ポイントはセラミドをいかにうまく補うことができるかです。セラミドは油溶性ということもあって化粧水でうまく補うことができません。それだけに他の保湿成分にも増して美容液でうまく補っていくことが重要なのです。単にセラミドを配合しているかどうかだけでなく、効果や浸透性を高めるためにどういった工夫が行われているかもチェックしましょう。浸透性に優れたヒト型セラミドを使用しているのは大前提として、バリア機能の改善や乾燥の改善に適しているとされるセラミド1、セラミド3、セラミド6Uといった配合されているセラミドの細かい種類も目を向けておきましょう。なお、浸透性を向上させる対策ではナノ化などの技術もあるので目を向けておきましょう。

 

続いてのポイントは肌への刺激です。合成界面活性剤などの添加物を避けるのはもちろん、乳化剤にも気をつけましょう。肌を柔らかくし有効成分が浸透しやすい状態にする乳化剤は敏感肌のスキンケア選びでは重要なポイントとなりますが、あまり多く配合されているとアレルギー反応を起こす可能性もありますし、配合されている乳化剤の種類によっては肌への負担が大きくなってしまうこともあります。こうした面も踏まえて成分表示をこまかく確認しておきましょう。

多くの種類の成分が入っていると、刺激が強くなる

敏感肌基礎化粧品

刺激に関してはできるだけシンプルな内容を心がけることも大事です。もともと刺激が少ない成分でもたくさんの種類が配合されているとその分肌への負担が大きくなります。そのため敏感肌の美容液選びでは必要最小限の有効成分で効果が得られるかどうかも大事なポイントとなります。そのためにも自分にとって必要な成分をよく踏まえたうえでそれが配合されたシンプルな美容液を選ぶよう心がけましょう。

 

このシンプルな内容を大前提に保湿成分以外にもターンオーバーを改善するレチノールや抗酸化作用を備えたビタミンC誘導体、FGF、フラーレンといった成分もチェックしていけば敏感肌そのものを改善していける美容液を見つけることができるはずです。

関連ページ

年代別の選び方
敏感肌が美容液を選ぶ時に年代によって気を付けたいこととは? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
配合成分の多い美容液
敏感肌が美容液を選ぶ時は、たくさんの成分が配合されたものの方が向いているのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
EGF
敏感肌が美容液を選ぶ時に注目したいEGFとはどのようなものでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
レシチン
敏感肌が美容液を選ぶ時に注目したい成分・レシチンとはどのようなものでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。