20代・30代は予防をメインに、40代以降は表面化したトラブルの改善も必要に

敏感肌の肌環境は年代によっても異なってきます。環境や老化といったファクターが入り込んでくるため、美容液を選ぶ際にも自分の年齢を考慮して選んでいくことが大事なのです。

20代では肌の健康を取り戻す効果のあるものを選ぶ

敏感肌基礎化粧品

20代では保湿効果ばかりにこだわらず肌の健康状態そのものの改善を心がけて選んでいきましょう。20代で敏感肌に悩んでいる方は何らかの原因で環境が悪化しているか、体質的に乾燥しやすいかのどちらがのケースがほとんど。刺激が強い美容液を使用している、誤ったスキンケアで乾燥を加速させてしまっている、あるいは生活環境の乱れが肌に悪影響を及ぼしている…こうした点も考慮したうえでそれを補える美容液を選んでいくことになります。誤ったスキンケアの場合は洗顔料や化粧水選びともうまくリンクさせて選んでいくことが大事です。

 

30代になると肌の老化がはじまるため保湿対策の比重が高まるとともに老化の進行を防ぐための対策も美容液の大事なポイントとなります。セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった加齢とともに失われていく保湿成分をうまく補いつつ、ビタミンC誘導体、EGF、FGF、アスタキサンチンといった抗酸化成分で老化をうまく防いでいきましょう。この時点ではこれ以上の老化と敏感肌の進行を防ぐ予防対策が重要な鍵となってきます。

40代になるとすでに表れているトラブルを改善する必要がある

敏感肌基礎化粧品

一方40代になると老化の影響が表面に現れやすくなり、予防だけでなく目に見えるトラブルの改善を重視する必要が出てきます。敏感肌の場合はかなり刺激に敏感な状態になってしまっているケースが多く、とにかく低刺激の製品を選ぶことが第一。少々コストがかかっても無添加や天然由来成分をメインに使用しているなど安全性にこだわって選んでいくようにしましょう。やはり保湿対策がメインとなりますが、シミやシワなどのトラブルを改善するための美白成分やターンオーバーの活性化に役立つ成分などもうまく取り入れていきたいところです。50代ではこの40代の路線をさらに推し進めていくことになります。

 

こうした年代別の美容液の選び方の注意点を踏まえ、自分の肌の状態や変化をしっかり見極めたうえで適切な製品を選んでいくようにしましょう。

関連ページ

美容液の選び方
敏感肌が美容液を選ぶ時に気を付けたいこととは? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
配合成分の多い美容液
敏感肌が美容液を選ぶ時は、たくさんの成分が配合されたものの方が向いているのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
EGF
敏感肌が美容液を選ぶ時に注目したいEGFとはどのようなものでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
レシチン
敏感肌が美容液を選ぶ時に注目したい成分・レシチンとはどのようなものでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。