セラミドだけでなく、人の肌と親和性の高いホホバオイルや馬油が入っているものを

敏感肌のスキンケアではクリームの重要性が非常に高くなります。肌を保護する効果と、保湿効果の両方に役立てることができるからです。そのためクリームを選ぶ際にはこの2つの効果をどれだけ得られるかどうかに着目して選んでいくのが基本です。

セラミドは油溶性なのでクリームと相性がいい

敏感肌基礎化粧品

まず保湿効果ではセラミドがもっとも重要な成分となります。角質層の内部で角質細胞を結びつけ、皮膚構造を正常に保つ働きを持つこの成分は細胞間脂質に分類されます。そのため油溶性という特質を備えており、油分と一緒に配合した方が浸透しやすいのです。そのため水が大半を占める化粧水はもちろん、美容液と比べてもクリームはセラミドとの相性がよく、うまく活用すれば乾燥を改善する優れた効果を得ることが可能です。

 

ですからセラミドが配合されたクリームを選ぶのが大前提、そのうえで浸透性や効果を高める工夫が施されているかどうかをチェックしましょう。セラミドの種類の中でももっとも浸透性と効果に優れたヒト型セラミドが使用されたものや浸透性を高めるためにナノ化の技術が施されたものを重視するのが上手に選ぶうえでのコツです。

肌との相性がいいオイル分が配合されているものを

敏感肌基礎化粧品

一方肌を保護する効果ではオイル分をよく確認しておくことが大事です。まずできるだけ人間の肌との相性がよいオイルが使用されたものを選ぶこと。ホホバオイルや馬油は人間の肌との親和性が高く、なじみやすいといいます。また保湿効果も備えているので敏感肌に適した選択肢です。それから含有量と使い心地。含有量が多い方が肌にフタをして保護する効果が高くなりますが、その分ベタつきやすくなるという問題点が生じます。とくに乳液と併せて使用する場合には両方のオイル分の配分も配慮して選んでいきましょう。また、敏感肌だからといってクリームばかりに頼っていると肌が皮脂膜を形成するのを妨げてしまう面もあるため、敏感肌そのものを改善することも考慮しておくことも大事です。

 

クリームをいかにうまく使いこなすか。敏感肌を保護するだけでなく敏感な状態を改善していくうえでも大事なポイントとなるでしょう。美容液や乳液を選ぶのと同じくらいの心構えでしっかりと選んでいきたいところです。

関連ページ

美白クリームの選び方
敏感肌が美白クリームを選ぶ時に気を付けたいこととは? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
クリームと皮脂膜
敏感肌だからこそ気になる皮脂膜とクリームの関係とは? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
セラミド
敏感肌にセラミドが適しているのは何故でしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
エラスチン
敏感肌がクリームを選ぶ時に注目したい成分・エラスチンとはどのようなものでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。