コラーゲンを束ねてハリを維持したり、保湿効果を持っている

敏感肌の方にとってクリームは単に肌にフタをするだけでなく、肌環境を改善する効果も重要なポイントとなります。クリームは美容液に比べて肌への刺激が少なく無理なく使用しやすいのも重要なポイントです。

エラスチンはコラーゲンと共に肌のハリを維持している

敏感肌基礎化粧品

そんな敏感肌のクリーム選びでぜひとも着目しておきたいのがエラスチンです。コラーゲンと一緒に取り上げられる機会が多く、おもにエイジングケアの分野で重要視されている成分です。

 

この成分の最大のポイントは肌のハリと弾力の維持に重要な役割を担っている点です。肌のハリは真皮層に含まれているコラーゲンとエラスチンによって維持されています。繊維状のコラーゲンがエラスチンに絡み付きながら束ねられる形で真皮層の中を網の目のように張り巡らされることで肌全体を支えているのです。しかしこのコラーゲンとエラスチンは30歳前後から含有量が減少していき、それがハリの低下といった老化の悩みの大きな原因となるのです。

 

さらに真皮層のコラーゲンとエラスチンはターンオーバーとも深く関わっており、減少によってターンオーバーが乱れることで乾燥やバリア機能の低下といったトラブルを引き起こすことになります。

角質層内部で水分を維持する働きも担っている

敏感肌基礎化粧品

もうひとつ、エラスチンには角質層の内部において水分を維持する保湿効果もあります。敏感肌にとってはこちらの効果も肌環境の維持・改善において大きな意味を持つことになるでしょう。

 

こうした事情からクリームを選ぶ際にエラスチンが配合された製品を選ぶことで老化と乾燥の両方の悩みにアプローチすることができるのです。なお、真皮層のエラスチンは直接スキンケアで補うよりも体内での生成を促した方が効果が高いともいわれているため、レチノールやビタミンC誘導体、ビタミンE、プラセンタといった生成量を増やす働きを備えた成分と併せて摂取すると相乗効果が期待できます。敏感肌の中でもとくに老化やシワ、たるみといった悩みを抱えている方にとくに必要な成分となるでしょう。コラーゲンばかりに目が向けられがちですが、エラスチンにも着目してクリームを選んでいきましょう。

関連ページ

クリームの選び方
敏感肌がクリームを選ぶ時に気を付けたいこととは? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
美白クリームの選び方
敏感肌が美白クリームを選ぶ時に気を付けたいこととは? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
クリームと皮脂膜
敏感肌だからこそ気になる皮脂膜とクリームの関係とは? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
セラミド
敏感肌にセラミドが適しているのは何故でしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。