有効成分配合のものも多いが、乳液本来の役割を優先して選ぶ

敏感肌の方が乳液を選んでいく際にはそもそも乳液にはどんな役割が求められているのかをしっかり把握しておきましょう。とくに現在ではさまざまな効果や役割を備えた乳液が登場しているほか、乳液の効果も備えたオールインワン化粧品も登場しているため、本来の役割が敏感肌にどのような効果と影響を及ぼすのかを確認しておくことが大事なのです。

乳液の目的は有効成分の蒸発を防ぐこと

敏感肌基礎化粧品

乳液を使用するそもそもの目的は美容液を使用した後に肌にフタをすることと、保湿効果をもたらすことです。化粧水、美容液では敏感肌をはじめとした肌トラブルを改善する美容成分を補います。しかし補った後にそのままの状態にしておくとせっかく浸透させた美容成分が蒸発してしまうのです。とくに敏感肌の場合は有効成分が浸透しにくいうえに水分や有効成分を溜め込んでおく機能が低下しているため、時間の経過とともに蒸発してしまいやすい状況になっています。それを防ぐためにも乳液でしっかりとフタをすることが大事なのです。

 

敏感肌の場合は有効成分が蒸発しやすい環境ということもあり、とくにしっかりとフタをする効果が求められますから、オイル分が多めでしっとりした感触のものを選ぶのが基本です。

肌の保湿力を高めるセラミドの配合量を重視する

敏感肌基礎化粧品

一方保湿効果ではセラミドの配合量を重視しましょう。セラミドは肌の保湿力を高める重要な役割を担っているほか、油溶性なので化粧水、美容液よりも乳液・クリームで使用した方が浸透させやすい特徴を備えています。このセラミドをはじめとした保湿成分の減少が先述した水分と有効成分が蒸発しやすい環境を作ってしまうだけに低下した保湿力をいかにうまく補うことができるかを重視して選んでいきましょう。

 

こうして見ても敏感肌の乳液の選び方では乳液本来の基本的な効果を優先することが大事だとわかります。肌への刺激も考慮し、あまり多くの効果や有効成分が配合されている製品よりも必要な効果をしっかり備えたシンプルな内容のものを選んだほうがよいでしょう。クリームとの相性も考慮したうえで賢く選んでいきたいところです。

関連ページ

乳液の役割
敏感肌はスキンケアで乳液も使うと、却って悪影響なのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
乳液の種類
乳液にはどのような種類があり、敏感肌に向いているのはどれでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
乳液パック
敏感肌の改善に乳液パックが効果があるのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。