パックとして使用することによって、乳液の効果を最大限に高める

敏感肌を改善する優れたケア方法として乳液パックに注目が集まっています。その名の通り乳液をパックすることで肌への浸透を高める効果が期待できます。

敏感肌は肌から水分が蒸発しやすくなってしまっている

敏感肌基礎化粧品

敏感肌の最大の問題点は肌の保湿力が低下している点にあります。角質層からセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が減少して水分を溜め込む能力が落ちていたり、表面の皮脂が不足することで表面から水分が蒸発しやすい状況になっているのです。そのためオイル分と保湿成分を補うことができる乳液は敏感肌を改善する上で重要なアイテムとなります。

 

そんな乳液の浸透性を高めるために行うのが乳液パックです。せっかくの有効成分や油分も肌にしっかりと浸透しなじまなければ十分な効果が期待できません。少々時間がかかりますが、パックを行うことで乳液に備わっている効果を最大限にまで高めることができるのです。

普段より多めに乗せていくように行う

敏感肌基礎化粧品

方法はとても簡単です。洗顔の後化粧水で肌環境を整えた後に乳液を塗付していきます。普段使う時よりもたっぷりと試用するのがポイントで、塗付する際もすりこんでなじませるというよりも乗せていくような感覚で行います。肌に乳液の厚い層を作るくらいの量を惜しみなく使っていきましょう。顔全体に塗付してもよし、目元や口元など乾燥が気になる部分に集中して使うのもよし、肌環境を考慮したうえで自分なりに判断しましょう。

 

塗付し終わったら20〜30分程度放置します。乳液パックには時間がかかる最大の要因がこの部分です。乳液には油分と水分が混ぜられており、時間を置くことによって水分が肌に浸透し、油分が肌の表面になじんでいくようになります。その結果肌の内部に水分と保湿成分を浸透させ、表面に油分の膜を作ることで水分が蒸発するのを防ぐことができるのです。

 

時間が経過すると乳液が透明になっていきますから、頃合いを見計らって改めて指で塗布してなじませましょう。ひと通り済んだらティッシュかコットンで吸い込ませて落とします。その際には摩擦による刺激を与えないよう注意しましょう。やり方そのものは簡単ですから、定期的に乳液パックを試して敏感肌対策に役立ててみてはいかがでしょうか。

関連ページ

乳液の選び方
敏感肌が乳液を選ぶ時に気を付けたいこととは? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
乳液の役割
敏感肌はスキンケアで乳液も使うと、却って悪影響なのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
乳液の種類
乳液にはどのような種類があり、敏感肌に向いているのはどれでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。