肌への刺激を軽減でき、自分の抱えるトラブルを改善できるものを

敏感肌にはオールインワン化粧品が適しているとよく言われます。敏感肌の方はちょっとした刺激にも肌が過敏に反応してしまうため、摩擦による刺激を最小限に抑える必要があるからです。ただオールインワンならなんでもよいというわけではなく、敏感肌に合った、また自分の肌質に合ったものを選んでいく必要があります。

刺激をできるだけ抑えられるものを選ぶ

敏感肌基礎化粧品

まず刺激に極端に敏感になってしまっている場合には摩擦による刺激をどれだけ抑えられるかどうかが重要な着眼点となります。オールインワンがどの程度の効果を備えているかは製品によって異なります。摩擦を最小限にとどめたい場合には化粧下地の効果まで兼ねているものを選ぶとよいでしょう。そうすることでファンデーションの負担も抑えることができます。また、伸びがよく使い勝手がよい製品の方が簡単に塗付していけるので摩擦の刺激を防ぐことができます。オールインワンはベタつきが気になる面もあるため、個人の好みや使い心地を考慮したうえで判断することになるでしょう。

保湿効果が充実したもので、敏感状態の改善を

敏感肌基礎化粧品

それから配合されている成分。保湿効果が充実しているのが大前提です。敏感肌の方は肌が乾燥し、バリア機能が低下することで刺激に対して敏感な状態になっています。とくに角質層で減少しているセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸を補うことができるかどうかが最大の鍵になるといっても過言ではありません。これらの成分が充実しているのはもちろん、ナノ化など浸透性を高める技術が施されているかどうかも見ておきたいところです。

 

もうひとつ、自分が抱えているトラブルにどれだけ効果が期待できるかも選ぶ上での大事なポイントです。オールインワンの場合、ひと通りの効果が期待できる一方、それぞれの効果は標準並み、というケースが多く見られます。そのためシワやシミなどのトラブルがかなり進行してしまっている場合には対策に役立たないこともあるため、特定のトラブルのために開発されたオールインワンを選ぶなどの工夫が求められます。

関連ページ

メリットとデメリット
敏感肌にとってのオールインワンのメリットやデメリットとはどのようなことでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
敏感肌用オールインワン
普通のオールインワンと敏感肌用に違いはあるのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
オールインワンでアンチエイジング
敏感肌はオールインワンでアンチエイジングは可能でしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
無添加オールインワン
敏感肌には無添加オールインワンがあっているのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。