摩擦による刺激を抑えられるが、十分な効果を期待できない可能性もある

オールインワンにはメリットとデメリットが共存しています。そのため選ぶ際にはできるだけメリットを得られ、デメリットを最小限に抑えられるかどうかが重要なポイントとなるわけです。また、この判断基準は肌質によっても異なるため、敏感肌の方は肌が敏感な環境に合わせたメリット・デメリットの見極めが求められます。

スキンケアが1つで済むので、塗布による摩擦を抑えられる

敏感肌基礎化粧品

最大のメリットはなんといっても摩擦による刺激を最小限に抑えることができる点でしょう。肌質を問わずオールインワンのメリットとして指摘される要素ですが、敏感肌の方がもっともそのメリットを享受できる立場といえるでしょう。普通肌や脂性肌の場合は加えてケアの手間を省いて時短ケアに役立てられるといった面も指摘されますが、敏感肌の場合はまず何より肌に負担をかけずに済む点にこそメリットがあるのです。

 

それからスキンケア製品の相性を気にしないで済む点。化粧水や美容液をそれぞれ異なるケーカーの製品を使用する場合、製品同士の相性はもちろん、組み合わせて使うことで肌にどういった影響を及ぼすかについても配慮しておく必要があります。単品では問題がない製品も、特定の製品と組み合わせることによって肌に負担をかけてしまうケースもあるのです。敏感肌の場合はとくにそうしたケースが見られるため、一通りのケアが1本でできるオールインワンは使ってみて問題がなければスキンケア全般を安全に行っていくことができることになります。

1つで色々な効果があるので、一長一短になりがち

敏感肌基礎化粧品

一方デメリットは抱えているトラブルに対して十分な効果が期待できないケースがあるのが一番でしょう。ひと通りの効果が備わっている一方、どの効果においても「帯に短したすきに流し」な面もあり、シワやシミといったトラブルを抱えている場合、オールインワンだけでは十分な対策ができない可能性があるのです。この場合はそのトラブル専用の美容液と組み合わせるなどの工夫が必要ですが、他の製品を使用すると摩擦による刺激を抑えるというメリットが損なわれるため工夫が必要です。

 

こうした敏感肌ならではのメリット・デメリットを踏まえたうえで自分にとって最適なオールインワンを選んでいくことが求められます。

関連ページ

オールインワンの選び方
敏感肌がオールインワンを選ぶ時に気を付けたいこととは? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
敏感肌用オールインワン
普通のオールインワンと敏感肌用に違いはあるのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
オールインワンでアンチエイジング
敏感肌はオールインワンでアンチエイジングは可能でしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
無添加オールインワン
敏感肌には無添加オールインワンがあっているのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。