敏感肌は年齢と共に悪化することもあるので、美容効果と共に肌環境の改善を目指す必要がある

敏感肌のスキンケアではまずなんといっても低刺激で肌荒れなどのトラブルを起こさないことが最大の目的となります。そのためアンチエイジング効果まで目を向けている余裕はない、という方がほとんどでしょう。ただ、敏感肌は加齢によって進行・悪化していく面もあるため、美容のみならず肌環境の改善の意味も含めてアンチエイジングを意識したスキンケアが必要です。

オールインワンをいかに活用できるかがポイント

敏感肌基礎化粧品

では敏感肌の方はどのような方法でアンチエイジングを行っていけばよいのでしょうか?その鍵を握るのがオールインワンです。オールインワンをいかにアンチエイジングに活用することができるか、肌に負担をかけずにアンチエイジングを行っていける環境を築いていくことができるか、日ごろの環境づくりに配慮と工夫が求められます。

 

オールインワンの特徴は1本でひと通りのスキンケアを済ませることで摩擦による刺激を最小限に抑えることができる点です。その一方、どの効果も標準レベルに留まり、化粧水や美容液を単品で使用した場合に比べてあまり高い効果が期待できない面もあります。そのためオールインワンゲルだけでアンチエイジングを行っていくのは難しいのではないか、と疑問に思う方も多いはずです。

乾燥とバリア機能の低下を改善できるものを選ぶ

敏感肌基礎化粧品

ポイントは乾燥効果がどれだけ得られるか。アンチエイジング成分がどれだけ配合されているかよりもまず乾燥とバリア機能の低下を改善できるかを意識してオールインワンゲルを選んでいきましょう。乾燥とバリア機能の低下が進むと刺激に対して敏感になるだけでなく、紫外線など外部からの刺激の影響で活性酸素の生成量が増加します。その結果細胞の酸化・老化が進み、シワやたるみ、シミといったトラブルが生じやすくなるのです。いわば乾燥と老化は同じ根元から発しているともいえるわけで、それをいかに改善するかが敏感肌対策とアンチエイジングを両立する上での鍵となります。

 

この乾燥対策を最優先に考えた上でビタミンC誘導体やフラーレン、EGFといったアンチエイジング成分が配合されているオールインワンを選んでいきましょう。

関連ページ

オールインワンの選び方
敏感肌がオールインワンを選ぶ時に気を付けたいこととは? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
メリットとデメリット
敏感肌にとってのオールインワンのメリットやデメリットとはどのようなことでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
敏感肌用オールインワン
普通のオールインワンと敏感肌用に違いはあるのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
無添加オールインワン
敏感肌には無添加オールインワンがあっているのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。