無添加だからと言って、必ずしも肌に刺激にならないわけではない

オールインワン化粧品の中でもとくに近年人気を高めているのが無添加オールインワンです。添加物を使用していないことで肌への刺激が少なく安心して日々のスキンケアに利用していける点が魅力です。とくに刺激に対して注意が必要な敏感肌にとっては理想的な選択肢とも言われています。オールインワンで摩擦の刺激を最小限に抑えつつ、低刺激の無添加オールインワンを使用することで最高の環境を得ることができる、というわけです。

無添加だからと過信せず、自分に合ったものを使う

敏感肌基礎化粧品

ただ敏感肌と無添加オールインワンの関係はそれほど簡単な図式で成り立っているわけではありません。あくまで「自分の肌に合った」ものを選ぶことが大前提です。そこにはイメージが先走りする無添加化粧品の状況や無添加という言葉にブランドイメージを見出しているメーカー側の事情も関わってきます。

 

まず何が無添加なのかを確認しておきましょう。もともとスキンケア製品における無添加とはアレルギー症状を起こす危険性がある成分を配合していないことでした。しかし現在ではその概念が拡大し、さまざまな面で利用されるようになっています。その一方で定義が曖昧になっており、どの点をもってして無添加なのか、メーカーごとに判断が異なるケースが多くなっているのです。たとえば合成界面活性剤を使用していない場合、あるいは防腐剤を使用していない場合に無添加と称するなど。ですから、無添加だからといって必ずしも敏感肌に刺激をもたらす成分が一切含まれていないとは言い切れないのです。無添加オールインワンを選ぶ際には具体的にどう無添加なのかをしっかりと確認しておきましょう。

植物由来の成分が肌荒れを起こす可能性もある

敏感肌基礎化粧品

もうひとつ、無添加だからといって安全とは限らない面があることも知っておきましょう。無添加化粧品では植物由来の成分・エキスを配合するケースが多く見られますが、それらの中には敏感肌の方が使用するとかぶれや肌荒れを起こす可能性があるものもあります。植物エキスが人の肌にどのような影響を及ぼすかはまだ十分に解明しきれていない面もあるため、最終的には実際に使ってみたうえで合っているかどうかを判断することが必要なのです。

関連ページ

オールインワンの選び方
敏感肌がオールインワンを選ぶ時に気を付けたいこととは? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
メリットとデメリット
敏感肌にとってのオールインワンのメリットやデメリットとはどのようなことでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
敏感肌用オールインワン
普通のオールインワンと敏感肌用に違いはあるのでしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。
オールインワンでアンチエイジング
敏感肌はオールインワンでアンチエイジングは可能でしょうか? 洗顔料、化粧水から美容液やクリームなど敏感肌の上手な基礎化粧品の選び方と人気の基礎化粧品の口コミや感想を紹介しています。